7/28 更新 【 研修会情報 】

【おすすめ書籍】 ドロップレットプロジェクト新刊「絵で見てわかる!視覚支援のカード・教材100〜自分で「できる!」を楽しく増やす〜」@学研

コミュニケーション支援に携わる方なら必ずお世話になっている視覚支援シンボル「ドロップス」。開発されたドロップレットプロジェクトさんの新刊が出版されています。
これまで公開されてきたシンボルを活用した視覚支援資料が100種類どどーんと提供!!
支援の現場で視覚支援資料を作成していた方には、この大変さがよく理解できることでしょう(泣)
そのまま活用するのはもちろん、子どもや環境に応じてカスタマイズする楽しさも増えましたね。絶賛おすすめです!!

青木高光(著)杉浦徹(著)竹内奏子(著)「絵で見てわかる!視覚支援のカード・教材100〜自分で「できる!」を楽しく増やす〜」
学校・日常生活における基本事項(体調管理、生活習慣、身だしなみ、ルール・マナー、基礎的学習)が視覚的にわかる、絵カード教材と掲示用テンプレート集。指導・支援の当たり前を見直して、頭も掲示もスッキリさせる使い方のポイント解説とCD-ROM付。